初乳とは何ですか?


初乳は、出産後に生産される最初の牛乳です。

初乳は、乳腺から分泌される液体であり、出産後数日で乳房がミルクを作り出すまで、出産後の最初の数時間で赤ちゃんが必要とする必須栄養素を提供します。

多くの女性は、妊娠するとすぐに、乳房の変化を経験し始めます。これらの漏出は、妊娠中、特に性的興奮や赤ちゃんの泣き声を聞いているときに発生する可能性があります。

妊娠中の初乳は色が濃く黄色がかっていて、出産が近づくとほとんど無色になります。妊娠後期には、初乳の漏れが増えることがあります。

初乳は豊富です タンパク質, ビタミンA そして 塩化ナトリウム、より少量の 炭水化物, 脂質 そして カリウム 母乳が成熟するよりも。初乳にも含まれています 免疫グロブリンこれは、受動免疫として知られているものを子供に提供するために、母親から赤ちゃんに渡される抗体です。つまり、赤ちゃんの免疫系が発達していることを考えると、母親は初乳、つまり感染の可能性から赤ちゃんを守るための自分自身の免疫系の抗体を通過しています。

赤ちゃんを授乳すると、ホルモンのオキシトシンの増加を刺激し、子宮のサイズを小さくするだけでなく、乳の形成も促進します.2〜4日以内に、乳の生産が停止します。初乳と生産が始まります 移行乳、脂肪と乳糖のレベルが高く、成熟した牛乳の前駆体です。生後約2週間、 成熟した牛乳 あなたが離乳するまで赤ちゃんを養います。 母乳育児に関する最高の声: 関連読書:初乳とは何ですか?

  • おしゃぶりと授乳
  • 母乳育児とアルツハイマー病のリスク

ビデオ: 20 根拠がわかる解剖学生理学 生殖器疾患乳房と乳がん


前の記事

愛好家のための愛のフレーズ

次の記事

母乳育児のメリット