楽天はViberチャットアプリを9億ドルで購入


日本の会社楽天、9億ドルでチャットアプリViberを買収し、デジタル帝国を拡大
億万長者の三谷谷宏氏に支配されている日本の電子商取引大手の楽天は、9億ドルでメッセージングおよび通話アプリプロバイダーのViber Mediaを買収します。

日本最大のeコマースプラットフォームで、楽天は購入資金からオンライン動画まで、さまざまなサービスを提供しています。しかし、人口の減少と日本の消費の低迷を前に、三木谷は楽天をグローバルなオーディエンスのためのユニークなサイトとして再発明しようとしています。

ミキタニ氏は東京の記者団に対し、イスラエルのビジネスマン、タルモンマルコ氏がキプロスから経営する民間のViber企業が、現在の2億人のユーザーに3億人のユーザーを追加すると発表した。

同社の最高経営責任者である三木谷氏は、「今回の買収により、楽天はこれまでとは異なるレベルになるだろう」と語った。現金取引は楽天が2013年の営業利益の80%の増加を報告した後に発表されました。

「このメッセージングシステムを自分で開発することは不可能だったでしょう」と、楽天ユーザーは、たとえばViberのインスタントメッセージを使用してオンラインストアに連絡し、購入するかどうかを決定できると述べました。

Viberはスマートフォン向けの最もダウンロードされた通話アプリとメッセージングアプリの上位5つのうちの1つであり、米国、ロシア、オーストラリアが最大の市場です。

CEOのマルコは同じ記者会見で、楽天の買収は彼の会社が単なる無料の音声通話とメッセージのプロバイダーではなく、デジタルコンテンツのプラットフォームになるのに役立つと語った。

Viberに似たものを含む多数のメッセージングアプリが、特に新興市場での無料サービスの魅力を利用しようとしています。

Viberは、米国の創設者と数人の個人投資家から資金を調達しており、WeChat(中国のインターネット会社Tencent Holdingsの一部門)、米国のライバルWhatsApp and Lineなどのインスタントメッセージングアプリと競合しています。韓国の会社ネイバー。

Viberは最近、携帯電話から他のViberユーザーや未登録の携帯電話への音声通話を可能にするパーソナルコンピューター用のインスタントメッセージングアプリケーションを立ち上げ、Skypeに匹敵します。

両社によると、楽天の買収は3月末までに完了する予定。

出典:http://www.reuters.com/article/2014/02/14/us-rakuten-viber-idUSBREA1D07M20140214


ビデオ: 楽天モバイルMNO公式サイトがサイレント変更Rakuten Mini1円購入の対象条件から1年間無料対象がシレっと消えるサポートの回答も変わりました


前の記事

ホアキン名の意味

次の記事

サンタクロースの描き方