エコロジー車両



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

日本はより環境に優しい車とバッテリーを開発する計画

2006年8月28日にロイターが発表した記事によると、日本は、石油への依存を減らすために、環境に優しい次世代の自動車とバッテリーの開発をリードするための行動計画を作成しました。

月曜日の経済産業省作成委員会の報告書にあるように、日本はこの計画で、最先端のエコカーの導入を段階的に推進していきたいと考えている。

同報告書によると、政府はまた、研究所と国の電池メーカーとの協力を通じて、これらの車に電力を供給する最新世代の電池を開発するプロジェクトを確立する必要があります。委員会はまた、日本でのこれらの車両の使用を一般化するとともに、必要なインフラストラクチャを開発するためのインセンティブを提供する可能性を検討しています。

委員会によると、日本は2010年までに、1回の充電で約80 km走行できる電気式2人乗りのシリーズ車と、燃料管理の効率が30%高いハイブリッド車を製造する予定です。
委員会はまた、2030年以降、全国の自動車メーカーが現在の電気自動車のコストの40分の1で製造されたバッテリーを搭載した電気自動車の広範な大量生産を開始することを期待しています。
日本政府の目標は、2010年までに5万台の燃料電池自動車を道路に設置し、2020年までに燃料電池の使用数を500万台に増やすことです。

このようにして、世界で3番目に大きい石油消費者は、2030年までに輸送部門における石油の依存度を80%削減することを目指しています。

出典:ロイター

グリーンビークル関連記事:
燃料電池
水素燃料
エネルギーおよび燃料電池



ビデオ: ハイルーフNバン 幅広ラジアルタイヤに交換したら


前の記事

ナノテクノロジーへのグローバルな投資

次の記事

哀悼の意を表すのが不快である理由