白血病治療の進歩


ロチェスター大学のがん研究センターの科学者チームは、植物誘導体が白血病の根を攻撃できることを発見しました。

学名がTanacetum partheniumであるナツシロギク植物は、ヒナギクに似た植物であり、このチームの調査結果によると、白血病幹細胞を他のどの治療法よりも優れて殺す薬剤であるパルテノライドの源です。それらは科学ジャーナルブラッドのデジタル版に掲載されています。

パルテノライドから医薬品化合物を開発するには数か月かかりますが、この医学研究の著者は、すでにパルテノライドと同じ特性を持つ可溶性分子を特定したケンタッキー大学の化学研究者のチームと協力しています。

米国の国立がん研究所は、このプロジェクトを「迅速アクセスプログラム」に統合しました。このプログラムは、実験薬を実験室から人間の臨床試験にできるだけ早く移行することを目的としています。

研究ディレクターによると、このプロジェクトは白血病の新しい治療法を開発するための基礎を築く上で非常に重要なステップです。初めて、物質(パルテノライド)で白血病幹細胞を殺すことが可能であることを示す証拠がありました。

幹細胞レベルで骨髄性白血病に対して作用することができる物質が特定されたのは初めてです。このタイプのがんに対する現在の治療法は、がんの悪性腫瘍が発生した細胞には到達しません。言い換えれば、彼らは病気の根本に到達しません。



ビデオ: 小児急性リンパ性白血病ALLの治療 - 康 勝好


前の記事

ホアキン名の意味

次の記事

サンタクロースの描き方