最も安いラップトップ


発展途上国向けの新しい150ドルのノートパソコン

2007年2月13日にブラジルからパキスタンまでロイターが発表した記事によると、世界で最も貧しい子供たちの一部は、今月、技術研究所の非営利プロジェクト「子供一人に1台のラップトップ」のおかげで、デジタルの壁を越えます。マサチューセッツ州は2月に、8か国の開発途上国で約2,500ユニットの$ 150 "XO"ノートブック(約€115)を発表します。これらの白とライムグリーンのラップトップで、子供たちは電子書籍を読んだり、デジタルビデオを録音したり、音楽を作ったり、クラスメートとオンラインでチャットしたりできます。

その技術的成果には、バッテリーを充電する手動クランク、言語を切り替えるキーボード、デジタルビデオカメラ、ワイヤレス接続、およびリモート地域に適合したオープンソースLinuxソフトウェアが含まれます。さらに、ラップトップのグループは、子供たちが画像を交換したり、一般的なプロジェクトで協力したりできる先駆的な「メッシュ」ネットワークのおかげで、インターネット接続なしで互いに通信できます。

この実験は、7月に行われるラップトップの大量生産の前兆であり、500万ユニットが製造されます。プロジェクトマネージャーは、ラップトップの価格が来年には1ユニットあたり100ドルに低下し、5000万台のマシンが製造されると予測し、2010年までに期待どおりに100ドルを下回ると予測しています。彼らのラップトップは1億5000万人の子供に届きます。

ソフトウェアおよびコンテンツのグループプレジデントであるウォルターベンダーによると、彼の取り組みは何よりもまず価格を下げることです。「価格を維持するために新しい機能を追加する代わりに、機能セットを安定させて価格を下げます。」

ひも付きの滑車だけがクランクを交換します。 1分間の引っ張りで10分の電気が発生します。さらに、直射日光の下でも見やすいように画面の色が白黒に変わります。この機能は、100倍高価なラップトップでは利用できません。

ブラジル、ウルグアイ、リビア、ルワンダ、パキスタン、タイ、そしておそらくエチオピアと西岸の教師が2月に最初のマシンを受け取ります。これは、パイロットフェーズの一環として、インドネシアや他のいくつかの国への出荷を増やす予定です。

しかし、誰もがイニシアチブを称賛するわけではありません。一部の人は、プロジェクトが財政負担にすぎず、かろうじてそれを資金調達できる国々の成功を保証するものではないと予測しています。一方、他の人にとっては、お金は食糧、医学、図書館、学校への資金提供に使われるべきです。他の人々は、その実施の社会的および経済的影響を心配しています。

出典:ロイター



前の記事

16「Back to the Future II」の予測が実現

次の記事

中国からのグーグル出口