新聞向けGoogle支払いシステム



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

昨日ニューヨークタイムズで発表されたこの記事によると、Googleは来年中にマイクロペイメントシステムを開始する予定であり、新聞社がユーザーにコンテンツ料金を請求する新しい方法を模索している今、それを使用することを期待しています。
ニュースは、協会がさまざまなテクノロジー企業に送信した有料コンテンツの提案要求に応じて、Googleが全米新聞協会に送信した文書で明らかにされた。

Nieman Journalism Labによって最初にリリースされたGoogleドキュメントは、マイクロペイメントシステムが、Googleが2006年に立ち上げ、PayPalサービスの競争相手として位置付けられた支払いシステムであるGoogle Checkoutの拡張であることを示しています。オンライン決済システムの現在のリーダーであるeBay。

グーグルによれば、彼らは現在計画の初期段階にありますが、マイクロペイメントは来年を通じてグーグル内外で利用可能な支払い手段になるでしょう。 「アイデアは、時間をかけて購入し、店舗を追加することにより、1ペニーから数ドルまでの実行可能な支払いを可能にすることです。」

Microsoft、I.B.M。を含む他の10社が協会の要請に応じました。とOracle。しかし、新聞業界と会社との間の微妙な関係を考えると、Googleの計画は特に興味深いものです。

この文書の中で、Googleは新聞がCheckoutを使用して購読料を請求することもできることを指摘しましたが、購読管理システムは「かなり初歩的」であると説明しました。

新聞は、多くの新聞を壊滅させた部門の主要な金融危機に苦しんでいます。業界は収入を得るための新しい方法を模索しており、一部の出版物はコンテンツの課金方法を検討しています。

業界団体の事業開発担当上級副社長であるランディベネット氏は、5月に開催されたメンバーミーティング後に提案の要請があったと語った。彼によると、提案を提出した企業のいずれかとの関係を確立するかどうかを決定するのは、個々の新聞次第です。

収益の大部分を広告に長い間依存してきたグーグルは、有料コンテンツは広告の良い補完物になる可能性があると信じていた。

「ほとんどのニュースコンテンツの主な収入源は広告であり続けると思われますが、有料モデルは追加の収入源としても機能します。さらに、成功した有料コンテンツモデルは、それらを置き換えるのではなく、広告の機会を高めることができます」と同社は書いています。

グーグルの提案が進んだ場合、スティーブン・ブリルとL.ゴードン・クロヴィッツが後援するジャーナリズム・オンラインと競争する立場に立つ可能性があり、サービスを提供するために500以上の新聞と署名したと最近主張している「有料コンテンツのハイブリッドモデル」が含まれます。 Journalism Onlineは、協会に提案を提出した別の会社です。


ビデオ: 電話初診再診オンライン診療未対応システムでカード決済したい!! URL決済電話でカード番号を聞く方法があります


前の記事

ナノテクノロジーへのグローバルな投資

次の記事

哀悼の意を表すのが不快である理由